- A331E25577B0EFC9C4DF66D30E6DEC06 カメラ初心者日進月歩 daily progress : NDフィルターおすすめ ツアイス55㎜を持って実写演習

Translate

NDフィルターおすすめ ツアイス55㎜を持って実写演習













NDフィルターおすすめ ツアイス55㎜を持って実写演習


(可変式フィルターは除外しました。)

目次

1. NDファイルターの選び方 メーカー グレード 種類
2. 実写して分かったこと
3. 今後の活用
4. おまけ PLフィルター




1.   NDフィルターの選び方



メーカー 大手2社に絞り込みました。


マルミ <スタンダード> <プロフェッショナル>


価格:2,900円
(2019/6/24 12:59時点)
感想(0件)


価格:4,880円
(2019/6/24 12:57時点)
感想(0件)



ケンコー <スタンダード> <ハイグレード> <プレミアムグレード> <高濃度タイプ>


価格:1,600円
(2019/6/24 12:53時点)
感想(0件)


価格:2,168円
(2019/6/24 12:33時点)
感想(0件)


価格:4,530円
(2019/6/24 13:04時点)
感想(0件)


価格:5,850円
(2019/6/24 13:06時点)
感想(0件)




結局、私はケンコーのPRO1D LOTUS ND 49㎜ (no.8 no.64)を選びました。

比較的評判の良かったケンコーのものでno.64まで揃っている。

水滴や油汚れが取れやすい加工がしてある。




2. 実写して分かったこと



同じ晴天の天候で4パターンの写真を撮ってみました。


レンズZEISS55 F1.8固定 ISO感度AUTO


①NDフィルターなし ②ND8フィルター ③ND64フィルター ④ND8×ND64(512)フィルター



   ①1/1250 ISO125 

   ②1/160 ISO100

   ③1/25 ISO125

   ④1/5 ISO125


 当然ながらほぼ同じ写真が撮れました。

 同じF値で撮るとシャッタースピードがNDフィルターの倍率で変わっていきます。


 NDフィルターなしで撮った時のシャッタースピードが1/1250でした。


 ②では①の分母1250の1/8になるはずなので計算すると156.25≒160になりました。

 ③は①の分母1250の1/64になるはずなので計算すると19.53≠25 
 ざっくり近似値?になりました

 ④は①の分母の1250の1/512になるはずなので計算すると2.44≠5  
 この値も概ね近似値?









NDフィルターはだいたい光量を表示番号どおりの割合で減少させていました。

 当然光量は刻一刻と変化するので①と同じ条件で撮れていたかどうかは保証できません。

梅ぼしと愛犬


3. 今後の活用



 NDフィルター(No.8 No.64)を購入した訳。
私は頑張って購入したF1.8レンズの性能を最大限にして使いたかったのです。
例えば昼間にF値を開放で撮るなどです。

 キャンプなどで日中に子供や犬をぼかして撮ってみたいと思います。

その他に花火や車の光跡、川の流れなど多く活用場所があります。

4. おまけ PLフィルター


価格:3,510円
(2019/6/24 13:51時点)
感想(0件)


価格:5,450円
(2019/6/24 13:40時点)
感想(0件)


価格:7,560円
(2019/6/24 13:38時点)
感想(0件)


価格:9,051円
(2019/6/24 13:36時点)
感想(1件)


価格:12,096円
(2019/6/24 13:33時点)
感想(0件)


価格:9,610円
(2019/6/24 13:31時点)
感想(0件)


メーカーパンフレットを見ると、「青空を深みのある青にする」、「紅葉や新緑をより鮮やかにする」、「水面の反射を取る」、「ガラスの反射を取る」とPLフィルターは非常に応用できる場面が多いです。こちらも興味が沸きます。



ケンコーより300円でフィルターガイドブックがでているようです。
こちらで種類や効果を確認するのも良いかもしれません。

価格:303円
(2019/6/24 14:00時点)
感想(1件)


PDフィルター使用 初のhovering bee 撮影出来ました

価格:3,140円
(2019/6/25 01:30時点)
感想(0件)











本日もお付き合いいただき有難うございました。