- A331E25577B0EFC9C4DF66D30E6DEC06 カメラ初心者日進月歩 daily progress

Translate

ミラーレス一眼でカメラを始めるにはソニーのα7ⅲレンズキットがおすすめ



























ミラーレス一眼でカメラを始めるにはソニーのα7ⅲレンズキットがおすすめ

初心者でカメラを始めるとなるとどのメーカーのものにするか迷ってしまいます。 カメラには大きく分けて一眼レフとミラーレスがあります。 一眼レフは光をミラーで反射させるため構造が複雑になり分厚いボディになります。 それに対してミラーレスはボディが薄く軽量で電気信号に変えてからモニターに写す方式です。 現在主流はミラーレスになっていってます。
その中でもお勧めがソニーの製品です。 一眼レフではキャノンやニコンなどが有名ですが、何と言ってもミラーレスではソニーの歴史が長いです。 集積されたノウハウや性能は頭一つ抜けているというのが私の印象です.





私のように初心者でカメラを始めたい方はα7ⅲのレンズキットがお勧めです。
αシリーズにはα9とα7Rⅳが最上位として位置づけられています。 その次に位置するのがα7ⅲです。その下にはα7ⅱなどたくさんあります。 正直迷ってしまいますがAPS-Cというイメージセンサーが一回り小さいα6000シリーズよりも上記の35㎜フルサイズ の方が今後のことを考えるとお勧めです。
レンズキットを選ぶと30-70㎜のズームレンズが割安でついてくるのでまずカメラを始めたいと考えている方にはベストだと思います。 撮りたいものが定まってきたり、カメラの使い方が分かってきたときに新しい良いレンズを買い足していけば良いと思います。
写真だけでなく動画もとることができます。ハンディーカムのように長時間連続で撮影は出来ませんが29分まででしたら連続で撮影が可能です。 メモリーサイズにもよりますがトータルで1時間以上の録画ができます。YouTube動画などの用途では十分威力を発揮します。
価格:245,336円 (2019/7/26 17:34時点) 感想(2件)
次のステップとして様々なレンズを買い足しして使いたくなります。これはカメラの醍醐味でもあります。 ソニーカメラのラインナップはGマスターとGレンズ、ツアイス、ノーマルと大きく分けて4種類あります。 中でもGMレンズは高価ですが最も性能が良いレンズと言えるでしょう。 ただし性能を追求するあまり大型にならざるを得なかったため持ち運びやレンズ交換には不利かもしれません。 Gレンズは高性能ですし、ツアイスレンズはドイツのカールツアイスとタイアップしているレンズになります。 ツアイスは50㎜F1.4のレンズはかなり評価が高いモデルです。(単焦点レンズおすすめ? 【ZEISS50㎜ VS. ZEISS55㎜ VS. FE50㎜】☜別ページに特集があります。) レンズの種類としては大きく2つに分けられます。 ズーム機能があり、ある一定範囲の拡大縮小が出来るズームレンズと一定の拡大幅が固定されている単焦点レンズの2つです。
















ズームレンズのおすすめは

  1. FE24-240 240㎜までとれるので運動会など遠くから子供を撮りたい時に大活躍しそうです。
  2. 価格:115,020円 (2019/7/26 17:43時点) 感想(1件)
  3. FE24-105 F4 Gレンズ F4で105㎜までとれるのはうれしいところです。
  4. 価格:146,909円 (2019/7/26 18:17時点) 感想(4件)
  5. ツアイス24-70 上のGレンズと被るので大きさなどで比較して選択。
  6. 価格:102,727円 (2019/7/26 18:13時点) 感想(0件)
  7. Gマスター24-70 F2.4で隅々までクリアな画像。ただ値段と大きさがネック。
  8. 価格:247,909円 (2019/7/26 18:22時点) 感想(0件)
Gマスターレンズが最もF値が小さいので周囲をぼかした撮影がし易いです。 これ以外の焦点距離のレンズも沢山ありますので用途に応じて買い足していきますが、 あくまで基本はこの距離のズームレンズになります。 レンズセットを選ばなかった方もこの4種類の中からお好きな1つを選んでも良いと思います。





続いて欲しくなるのが単焦点レンズです。

単焦点レンズには一定の倍率でしか撮ることが出来ません。 従って自分の足で構図を決めなければいけません。 しかし、ズームレンズよりF値が小さいため光を沢山取り入れることができるレンズになります。 そのため星空や周囲をぼかした撮影や玉ボケと言われるような効果も入れることができます。 単焦点でお勧めは50㎜近辺のツアイスレンズ(単焦点レンズおすすめ? 【ZEISS50㎜ VS. ZEISS55㎜ VS. FE50㎜】☜別ページに特集があります。)
  1. Gマスター24㎜F1.4 星空や風景には最高
  2. 価格:176,364円 (2019/7/26 18:28時点) 感想(0件)
  3. Gマスター85㎜F1.4 ポートレイトには最適
  4. 価格:200,909円 (2019/7/26 18:31時点) 感想(0件)
  5. Gマスター35㎜F1.8 ポートレイトには最適 135mm開放で4隅がクリア
  6. 価格:210,728円 (2019/7/26 18:33時点) 感想(1件)
いずれもGマスターレンズですが欲しいです。24㎜F1.4は人気でずっと品切れが続いています。 その他レンズを選ぶには値段やF値、画角、解像性能、大きさ、重さ、用途などによって選択することになります。 私は純正にこだわっていますが他社製でも良いのでしたらもっとお求めやすい価格にてレンズを足すことが出来ると思います。 また随時参考になりそうな情報があれば発信していきたいと思います。



NDフィルターおすすめ ツアイス55㎜を持って実写演習













NDフィルターおすすめ ツアイス55㎜を持って実写演習


(可変式フィルターは除外しました。)

目次

1. NDファイルターの選び方 メーカー グレード 種類
2. 実写して分かったこと
3. 今後の活用
4. おまけ PLフィルター




1.   NDフィルターの選び方



メーカー 大手2社に絞り込みました。


マルミ <スタンダード> <プロフェッショナル>


価格:2,900円
(2019/6/24 12:59時点)
感想(0件)


価格:4,880円
(2019/6/24 12:57時点)
感想(0件)



ケンコー <スタンダード> <ハイグレード> <プレミアムグレード> <高濃度タイプ>


価格:1,600円
(2019/6/24 12:53時点)
感想(0件)


価格:2,168円
(2019/6/24 12:33時点)
感想(0件)


価格:4,530円
(2019/6/24 13:04時点)
感想(0件)


価格:5,850円
(2019/6/24 13:06時点)
感想(0件)




結局、私はケンコーのPRO1D LOTUS ND 49㎜ (no.8 no.64)を選びました。

比較的評判の良かったケンコーのものでno.64まで揃っている。

水滴や油汚れが取れやすい加工がしてある。




2. 実写して分かったこと



同じ晴天の天候で4パターンの写真を撮ってみました。


レンズZEISS55 F1.8固定 ISO感度AUTO


①NDフィルターなし ②ND8フィルター ③ND64フィルター ④ND8×ND64(512)フィルター



   ①1/1250 ISO125 

   ②1/160 ISO100

   ③1/25 ISO125

   ④1/5 ISO125


 当然ながらほぼ同じ写真が撮れました。

 同じF値で撮るとシャッタースピードがNDフィルターの倍率で変わっていきます。


 NDフィルターなしで撮った時のシャッタースピードが1/1250でした。


 ②では①の分母1250の1/8になるはずなので計算すると156.25≒160になりました。

 ③は①の分母1250の1/64になるはずなので計算すると19.53≠25 
 ざっくり近似値?になりました

 ④は①の分母の1250の1/512になるはずなので計算すると2.44≠5  
 この値も概ね近似値?









NDフィルターはだいたい光量を表示番号どおりの割合で減少させていました。

 当然光量は刻一刻と変化するので①と同じ条件で撮れていたかどうかは保証できません。

梅ぼしと愛犬


3. 今後の活用



 NDフィルター(No.8 No.64)を購入した訳。
私は頑張って購入したF1.8レンズの性能を最大限にして使いたかったのです。
例えば昼間にF値を開放で撮るなどです。

 キャンプなどで日中に子供や犬をぼかして撮ってみたいと思います。

その他に花火や車の光跡、川の流れなど多く活用場所があります。

4. おまけ PLフィルター


価格:3,510円
(2019/6/24 13:51時点)
感想(0件)


価格:5,450円
(2019/6/24 13:40時点)
感想(0件)


価格:7,560円
(2019/6/24 13:38時点)
感想(0件)


価格:9,051円
(2019/6/24 13:36時点)
感想(1件)


価格:12,096円
(2019/6/24 13:33時点)
感想(0件)


価格:9,610円
(2019/6/24 13:31時点)
感想(0件)


メーカーパンフレットを見ると、「青空を深みのある青にする」、「紅葉や新緑をより鮮やかにする」、「水面の反射を取る」、「ガラスの反射を取る」とPLフィルターは非常に応用できる場面が多いです。こちらも興味が沸きます。



ケンコーより300円でフィルターガイドブックがでているようです。
こちらで種類や効果を確認するのも良いかもしれません。

価格:303円
(2019/6/24 14:00時点)
感想(1件)


PDフィルター使用 初のhovering bee 撮影出来ました

価格:3,140円
(2019/6/25 01:30時点)
感想(0件)











本日もお付き合いいただき有難うございました。